チケットのご予約は 「ご希望の落語会と日付」「お名前(フルネーム)」「ご連絡先(携帯電話等)」「ご必要枚数」をお書きの上
『らくごカフェ』 rakugocafe@hotmail.co.jp までご送信ください
お電話でのご予約は 03-6268-9818 までお願いいたします。(平日12時~18時受付)
システムの都合上、返信に2~3日を要する場合がございます(満席時は早目にお知らせいたします)
5日以上過ぎて返信のないときはメールが未着の可能性がありますので、お電話をお願いいたします
当日のご予約は平日のみ18時までお電話にて受付いたします(土・日および落語会開催時は応答できません)
※ 当店は飲食店として営業許可を受けておりますので、ペットボトル飲料等ご飲食物のお持込はお断りいたします

*** NEW らくごカフェ2017年5月の番組表はこちらをクリック NEW ***   
*** らくごカフェ今後のカレンダー&落語会のスケジュールはこちらをクリック ***
*** らくごカフェ案内&喫茶メニューはこちらをクリック ***
*** 2017年 らくごカフェ 会場貸し要綱はこちらをクリック ***
らくごカフェ案内
落語の高座を常設している、文字通りの「らくごカフェ」。さまざまな落語会が開かれるのはもちろん、店内では古書、新刊本、CD、DVD、噺家さんの手ぬぐいや扇子なども販売中。大小さまざまな落語会のチラシも置いてある「落語の総合案内所」であり、全国各地から落語ファンが集う憩いの場所です。

カフェ営業:月~金 12時~18時(貸切の場合あり )
落語会は平日夜間、土・日・祝日は昼夜で随時開催
毎週火曜日19時半より定例会「らくごカフェに火曜会」開催中
定休日 不定休
住所 千代田区神田神保町2-3 神田古書センター5階
電話 03-6268-9818
Eメール rakugocafe@hotmail.co.jp
道順 都営三田線・都営新宿線・半蔵門線神保町駅A6出口より徒歩1分、岩波ブックセンターの並び、有名カレー店『ボンディ』が入っているビルの5階です。
※ 正面エレベータからはご入店できません。靖国通りから1本奥へ入った裏のエレベータをご利用ください
※ 当店にはお並びいただくスペースがありません。開場時刻にご来場くださいますようお願い申し上げます

詳しい道順はこちらをご覧ください 
 

カフェメニュー (落語会時のドリンクメニューとは異なります)

温かいお飲み物

・コーヒー500円
・カフェオレ600円
・カプチーノ600円
・キャラメルマキアート600円
・ホットミルク500円
・コンソメスープ500円

らくごカフェおすすめ・中国工芸茶各700円(お茶菓子付き)

・花開富貴(ジャスミン茶)
鮮烈なジャスミンの香りと味わいが特徴。千日紅と茉莉花の開花アクションもとても楽しい、中国工芸茶を代表する逸品です。

・万紫千紅(白茶)
日本では珍しい白茶を使用した工芸茶。ほんのり漂う自然の甘味でリラックス効果満点です。美しい大輪の康鮮花が咲きます。

・水中花藍(白茶+烏龍茶)
オレンジ色の金盃花の上に茉莉花がアーチ状に広がる鮮やかな一品で、昆布茶を思わせる“おだし”的な味わいが特徴。2杯目も美味!

・紅仙桃(紅茶)
ゆっくりと少しずつ開花する紅茶ベースの工芸茶です。花びらを散らすように、水面に浮かびあがる様子をお楽しみください。

※工芸茶をご注文のお客様、お湯のおかわりは無料です。お気軽にお申し付けください。

冷たいお飲み物

・アイスコーヒー500円
・アイスカフェラテ600円
・アイスティー500円
・アイスミルク500円
・コーラ500円
・ノーカロリーコーラ500円
・ジンジャーエール500円
・ウーロン茶500円

アルコール

・ビール(中瓶)700円(おつまみ付)
・日本酒500円
・焼酎500円
(銘柄は店員にお尋ねください)

軽食
 
・サンドイッチ 各500円
ハム&チーズ・ツナマヨ・タマゴ

※ドリンクとセットで100円引きになります

落語会時のドリンクメニュー

ソフトドリンク 各300円

コーヒー(ホット・アイス)
紅茶(ホット・アイス)
ウーロン茶
オレンジジュース
コーラ
ノーカロリーコーラ
ジンジャーエール
野菜ジュース
コンソメスープ

アルコール 各500円

ビール小瓶(コロナ・プレミアムモルツ・スーパードライ)
日本酒(銘柄は店員にお尋ねください)
角ハイボール
サングリア(スペイン直輸入のフルーティーな甘口ワイン)
カシスオレンジ
# by rakugocafe | 2008-12-10 00:00 | お店情報
内装お披露目!
12/10にプレオープンを迎える
「らくごカフェ」の内装を初披露!

日本の伝統紋様である流水に、
カフェを表すカップ柄を組み合わせた
当店の「オリジナル紋」を、
のれんや座布団にあしらいました。

書棚コーナーには、落語関連の古本がズラリ。
新刊書やCD、DVDなども徐々に揃える予定です。

さあ、プレオープンまであと1週間。
もう少々お待ちくださいね。

From.ナビブラ神保町A
e0159841_1845921.jpg
e0159841_185132.jpg

# by rakugocafe | 2008-12-03 18:05 | 雑記帳
ごあいさつ
どうも! ナビブラ神保町の立ち上げから参加させていただいております
地元出身の“ナビブライター”こと青木でございます。

このたび、縁あって神保町交差点からほど近い古書センタービルの5階で
『らくごカフェ』をオープンすることとなりました。
では『らくごカフェ』とはいったい何なのか。
このご説明をもちまして、私の記念すべき一回目のブログとさせていただきます。

「落語の高座を楽しみたいなら寄席や各種落語会に行けばいいし、
落語の本を買いたいなら書店、音源を探すならCDショップに行けばいい。
でも落語ファンが交流できる場がないのが残念」
「小さな落語会の情報をもっと知りたい」
「落語は生声が一番。演者の息づかいが伝わるような空間で落語を楽しみたい」

落語ファンの皆さんからこんな声を幾度も聞きました。

「若手が気軽に会を開けるような、こぢんまりした会場が欲しい」
「自分がやっている落語会のチラシやチケットを置けるような場所があれば」

噺家さん、とくに若手の皆さんからこんな声を幾度も聞きました。

「たしかにそんな場所はなかった。なら作ればいい!」

そんな発想で生まれたのが、ここ『らくごカフェ』です。

月~土曜日の日中は、気軽においでいただけるカフェ・スペース。
落語ファンの方はもちろん、今まで落語には縁がなかったという方もぜひぜひ。
高座の横で飲むコーヒーやお茶も一興かと思います。
また、店内閲覧用の落語関連本や雑誌も置く予定です。

店内奥は落語に関するさまざまなグッズの販売スペース。
販売神田古書店連盟の会長・中野さんの全面協力により、
落語に関する古書を集め、販売いたします。
いわゆるよくある“古本”から歴史的な価値のある和本まで
さまざまな種類が揃います。
もちろん、新刊書やCD、DVDなども徐々に揃える予定で、
グッズとして手ぬぐいや扇子などもご用意いたします。
また、都内近郊で行われる小さな落語会のチラシをできるかぎり置き、
主催者の方からご依頼があれば、チケット販売もお手伝いします。

そして夜はシートアレンジを変えて落語の実演スペースに。
開演前やお仲入りにはビールやソフトドリンク等のお飲み物もご用意。
ちょっと一杯飲みながら、気軽に高座を楽しんでいただければ幸いです。
らくごカフェ主催の落語会を週に1~2回のペースで行い、
他の日もさまざまな噺家さんに出ていただけるよう、お願いしてまいります。

落語ファンが集う憩いの場所であり、実演スペースでもある、“落語の総合案内所”。
そんな楽しい空間作りを目指して、『らくごカフェ』はスタートいたします。

皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

また、なにかご質問などございましたら下記のメールアドレスまでご連絡くださいませ。

rakugocafe@hotmail.co.jp (プレオープン中の仮アドレスです)

らくごカフェ主宰・青木伸広拝
# by rakugocafe | 2008-11-28 09:11 | 雑記帳
ショップカード完成!
今日はショップカードが刷り上がりました。
12/10のプレオープンに向けて、一歩一歩、準備が進んでいます。

営業時間のご案内を。
【月〜土 11時〜18時】がカフェタイム。
ランチもできる予定です。
店内には、落語本が並んだ書棚があり、もちろん購入可能。
また、インテリアのひとつとして、壁に落語家さんの色紙なども配置。
お茶をのみながら、珍しい本や色紙を眺められるのが、
「らくごカフェ」のお楽しみポイントです!

【18時以降は、落語会がある場合のみ】のオープンになります。
18時以降のお客様は、
昨日のブログに書いた「裏の入口」からお入りくださいね。

12/10のプレオープンからしばらくはカフェ営業が主となりますが、
ぜひ、当ブログをまめにチェックして、落語会にも遊びに来て下さいね。

From.ナビブラ神保町A
e0159841_1132929.jpg

# by rakugocafe | 2008-11-27 11:31 | 雑記帳
看板がつきました!
12/10のプレオープンに向けて、
看板が完成しました。

らくごカフェがある「神田古書センター」は
靖国通り沿いにある表の入口だけでなく、
裏通りから入れる入口もあります。

写真は、この裏通りにつけた看板。

古書センターは、18時半をすぎると表の入口が閉まってしまうので、
当店で夜の演芸会がある場合は、
この裏通りからのご入場になります。

電飾看板なので、夜も見やすいから安心!

ちなみに、神保町名物と呼ばれるあの「欧風カレー ボンディ」は
同じ古書センターの2階ですよ。
http://www.navi-bura.com/main/view/0/0/0/00012/0/

From ナビブラ神保町A
e0159841_15313170.jpg
e0159841_15314770.jpg

# by rakugocafe | 2008-11-25 15:29 | 雑記帳