チケットのご予約は 「ご希望の落語会と日付」「お名前(フルネーム)」「ご連絡先(携帯電話等)」「ご必要枚数」をお書きの上
『らくごカフェ』 rakugocafe@hotmail.co.jp までご送信ください
お電話でのご予約は 03-6268-9818 までお願いいたします。(平日12時~18時受付)
システムの都合上、返信に2~3日を要する場合がございます(満席時は早目にお知らせいたします)
5日以上過ぎて返信のないときはメールが未着の可能性がありますので、お電話をお願いいたします
当日のご予約は平日のみ18時までお電話にて受付いたします(土・日および落語会開催時は応答できません)
※ 当店は飲食店として営業許可を受けておりますので、ペットボトル飲料等ご飲食物のお持込はお断りいたします

*** NEW らくごカフェ2017年3月の番組表はこちらをクリック NEW ***
*** らくごカフェ2017年2月の番組表はこちらをクリック ***
*** らくごカフェ今後のカレンダー&落語会のスケジュールはこちらをクリック ***
*** らくごカフェ案内&喫茶メニューはこちらをクリック ***
*** 2017年 らくごカフェ 会場貸し要綱はこちらをクリック ***
らくごカフェはじめての週末
どうも! らくごカフェの青木です。

はじめての週末を迎えたらくごカフェ。
平日の営業時間には来られないというお客様が
たくさんいらしてくださいました。
どうもありがとうございました。
なかには落語発祥の地といわれる下谷神社で
落語会を開いている“落語聴きの達人”ご夫妻も。
またゆっくりお話をしたいお客様ばかりで嬉しいですね。

午後には柳家一琴師匠がご長男をともなってご来店。
MIXIでらくごカフェのことを知ってくださり、
ご近所のギャラリーを覗いたついでに、お寄りになったそうです。
じつは私、一琴師匠が横目家助平(すごい名前ですね)を名乗っていらした頃
さる落語会で手ぬぐいをいただいたことがありますが
面と向かってじっくりお話しするのははじめてのこと。
しばし昔話に花を咲かせました。
e0159841_1561468.jpg

日曜日はいろいろと足りなかったものを買い揃え、
月曜日の開店に備えます。
# by rakugocafe | 2008-12-15 01:56 | 雑記帳
12月12日のらくごカフェ
どうも! らくごカフェの青木です。

本日は近隣の古書店さんが、グループで足を運んでくださいました。
古書センターにカフェができたと聞いたときはビックリしたと
皆さん一様におっしゃっていました。
そのなかに地元・一橋中学の同級生を発見。
噂を聞きつけてやってきてくれたとのこと、ありがたいですね。

午後には柳家三之助さんがご来店。
パソコンに疎い私がモタモタしているのを見かねて
無線LANを設定してくださいました。 多謝!
曰く、ご来店のお客様も使える無線LANのネットワーク「FON」を
取り付けていただいたとのこと。
でも私にはイマイチよくわかりません。
またご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。
e0159841_1547685.jpg

# by rakugocafe | 2008-12-13 19:49 | 雑記帳
お店情報を更新いたしました
おはようございます。らくごカフェの青木です。

ページ右にリンクがあります、『お店情報』を更新いたしました。
ぜひご覧になってください。

いや~、昨日の文我師匠にはびっくりいたしました。
なにしろ、落語文献の蒐集と研修に関しては指折りのご大家。
はじめは緊張いたしましたが、とても気さくなお人柄でしたので
ずうずうしく色紙まで頼んでしまいました。
ナビブラ編集部Aさんも書かれていたように、店内に飾ってあります。
ぜひご一見のほどを。

その後、立川志ら乃さん、金原亭馬吉さんがお見えになり、
編集部Aさん、そして一般のお客様も混ざってしばし楽しいおしゃべりを。
なんと、志ら乃さんと馬吉さんはほぼ初対面とのこと。
こういう交流が生まれるのを見ていると、とても嬉しいですね~。
お客様もたいへんご機嫌でお帰りになられました。

e0159841_15353892.jpg


そして本日は柳家初花さんがご来店。居合わせたお客様としばし談笑し、
ご自身をフィーチャーした漬け物『初花漬』を販売用に10袋置いていってくださいました。
(その場で3つも売れました)
こういうほのぼのした光景もプレオープンならではだと思います。
皆様、ぜひ遊びにいらしてくださいませ。
# by rakugocafe | 2008-12-12 02:05 | 雑記帳
お客様第一号は…
本日、12/10にプレオープンいたしました!
お客様第一号はなんと…



桂文我師匠!!!!!!!!!!



スタッフ一同、大感激。
本もお買い上げくださり、色紙まで書いていただきました。
早速、書棚に飾ってあります。

From.ナビブラ神保町 A
e0159841_20103080.jpg

# by rakugocafe | 2008-12-10 20:07 | 雑記帳
らくごカフェ案内
落語の高座を常設している、文字通りの「らくごカフェ」。さまざまな落語会が開かれるのはもちろん、店内では古書、新刊本、CD、DVD、噺家さんの手ぬぐいや扇子なども販売中。大小さまざまな落語会のチラシも置いてある「落語の総合案内所」であり、全国各地から落語ファンが集う憩いの場所です。

カフェ営業:月~金 12時~18時(貸切の場合あり )
落語会は平日夜間、土・日・祝日は昼夜で随時開催
毎週火曜日19時半より定例会「らくごカフェに火曜会」開催中
定休日 不定休
住所 千代田区神田神保町2-3 神田古書センター5階
電話 03-6268-9818
Eメール rakugocafe@hotmail.co.jp
道順 都営三田線・都営新宿線・半蔵門線神保町駅A6出口より徒歩1分、岩波ブックセンターの並び、有名カレー店『ボンディ』が入っているビルの5階です。
※ 正面エレベータからはご入店できません。靖国通りから1本奥へ入った裏のエレベータをご利用ください
※ 当店にはお並びいただくスペースがありません。開場時刻にご来場くださいますようお願い申し上げます

詳しい道順はこちらをご覧ください 
 

カフェメニュー (落語会時のドリンクメニューとは異なります)

温かいお飲み物

・コーヒー500円
・カフェオレ600円
・カプチーノ600円
・キャラメルマキアート600円
・ホットミルク500円
・コンソメスープ500円

らくごカフェおすすめ・中国工芸茶各700円(お茶菓子付き)

・花開富貴(ジャスミン茶)
鮮烈なジャスミンの香りと味わいが特徴。千日紅と茉莉花の開花アクションもとても楽しい、中国工芸茶を代表する逸品です。

・万紫千紅(白茶)
日本では珍しい白茶を使用した工芸茶。ほんのり漂う自然の甘味でリラックス効果満点です。美しい大輪の康鮮花が咲きます。

・水中花藍(白茶+烏龍茶)
オレンジ色の金盃花の上に茉莉花がアーチ状に広がる鮮やかな一品で、昆布茶を思わせる“おだし”的な味わいが特徴。2杯目も美味!

・紅仙桃(紅茶)
ゆっくりと少しずつ開花する紅茶ベースの工芸茶です。花びらを散らすように、水面に浮かびあがる様子をお楽しみください。

※工芸茶をご注文のお客様、お湯のおかわりは無料です。お気軽にお申し付けください。

冷たいお飲み物

・アイスコーヒー500円
・アイスカフェラテ600円
・アイスティー500円
・アイスミルク500円
・コーラ500円
・ノーカロリーコーラ500円
・ジンジャーエール500円
・ウーロン茶500円

アルコール

・ビール(中瓶)700円(おつまみ付)
・日本酒500円
・焼酎500円
(銘柄は店員にお尋ねください)

軽食
 
・サンドイッチ 各500円
ハム&チーズ・ツナマヨ・タマゴ

※ドリンクとセットで100円引きになります

落語会時のドリンクメニュー

ソフトドリンク 各300円

コーヒー(ホット・アイス)
紅茶(ホット・アイス)
ウーロン茶
オレンジジュース
コーラ
ノーカロリーコーラ
ジンジャーエール
野菜ジュース
コンソメスープ

アルコール 各500円

ビール小瓶(コロナ・プレミアムモルツ・スーパードライ)
日本酒(銘柄は店員にお尋ねください)
角ハイボール
サングリア(スペイン直輸入のフルーティーな甘口ワイン)
カシスオレンジ
# by rakugocafe | 2008-12-10 00:00 | お店情報